2018年 9月25日   

高知お酒と音楽のクロスオーバーBLUES
安岡酒店BLUES

〒780-0832 高知市九反田8-6
TEL 088-882-2286
FAX 088-882-2284

問い合わせこちらまで

営業時間は朝9時~夜8時30分
日曜日定休日/

祭日は営業しています



高知の地酒のご購入は、こちらの商品別玄関口までどうぞ。
くお願いします。
お待たせしました。戻りかつおタタキと高知地酒セット
本日からご案内させて頂きます。こちらまで
好評ブログ
毎日更新中!こちらまで

 

高知の地酒のご注文高知の美味しい地酒 をクリックして下さい。その後下記の蔵元案内から入れます
高知の地酒利き酒の表彰状 高知の地酒利き酒 先日開催の高知県利き酒大会に参加してきました。

過去3度全問正解の第一位を頂きましたが、今回は残念ながら
1位には届きませんでした。

来年は再び1位のアナウンスに呼ばれるように精進したいと思います。
高知全酒蔵18蔵すべて
当店へいらっしゃいませ。
当店はホテル日航高知のすぐ隣りです(下に地図あり)
高知の地酒全酒蔵飲み切りタイプ300ミリの集合図
取り揃えております
飲み切りタイプの300ミリから手頃な大きさ720ミリ
そして大勢で楽しめる一升瓶まで高知の地酒全酒蔵飲み切りタイプ300ミリの集合図その2
土佐酒アドバイザー(第一期)の資格を持った
当店店主が、分かり易く高知の地酒のご説明を
しております。
また、当店店主がこれは!という
お奨め高知の地酒を店内にて
各種試飲可能です!!

店が手作りで仕上げた「高知の地酒マップ」
(味のある手書きで、各蔵の説明を地図入りで
解説した)を見て頂きながら、親切丁寧にご紹介しております。

詳しくはこちらまで。
当店は、ホテル日航高知のすぐ隣りです
高知の地酒専門店店舗地図 安岡酒店BLUES
「さえんば電停」南へ歩いて1分
ホテル日航高知裏側
立体パーキング側
すぐ隣りに店舗は在ります。


営業時間は朝9時~夜8時30分
日曜日定休日/
祭日は営業しています。

高知の地酒全蔵18蔵あります。
有名な蔵元から
隠れた名酒蔵まで
お酒に適した温度で
管理しております


どうぞ、お気軽にお越し下さい
高知の地酒マップ 「高知の
美味しい
地酒マップ」を
私が作りました。
(手書きです)


全酒蔵の簡単な紹介と地図
お陰様で好評にて配布中です。

お申し込みは、
こちらまで

当店特製手書き高知の地酒マップ
当店へいらっしゃいませ

高知の地酒専門店安岡酒店1 平成20年10月25日土曜日
80日の改装期間を経て、本日
無事、開店しました。

高知の地酒専門店安岡酒店2 店内は、60年以上前の
旧店舗の貴重で珍しい
大きな大黒柱を含め、
再利用しながら、新たに高知県の木材を使用して、より温かみのある雰囲気になりました。
高知の地酒専門店安岡酒店3 こちらは、今回導入しました、一本杉から取った
大きな杉の台です。
お客様の高知の美味しい地酒(日本酒等)の試飲場所として、今後
活躍してもらいます。
高知の地酒専門店安岡酒店4 その杉の台座で味わって頂いた後は、高知の全ての蔵元の地酒を取り揃えた<高知の美味しい地酒/日本酒>陳列棚へ
どうぞ、いらっしやいませ。

なお、こちらだけでなく対面には冷蔵保管された、高知の吟醸酒他のラインナップにも沢山ご用意しております。
高知の地酒専門店5

高知の地酒専門店6 
今では懐かしく、また珍しいビールメーカーのレトロな看板も、築60年以上経った当店の外見に見事にも融合しております。 高知の地酒専門店安岡酒店7

高知の地酒専門店安岡酒店8 高知の地酒専門店安岡酒店9

こちらはスタンド看板
今回の改装に当たり、店舗外に
こじんまりとした看板を設置しました。

ちなみに、店名の字体は私が書きました

高知の地酒利き酒会1 11月6日に第49回高知県利き酒研究会が行われました。 高知の地酒利き酒会2 恒例の利き酒が研究会の前に行われ、多数の関係者が参加しました。 高知の地酒利き酒会3 私も参加をして、真剣な表情で利き酒をしました。
高知の地酒利き酒会4 6つの日本酒のマッチング(それぞれを合致させる)競技でした。 高知の地酒利き酒会表彰上1 おかげ様で、全問正解の第一位となり、表彰状と景品を頂きました。 高知の地酒利き酒会表彰上2 実は昨年の利き酒でも全問正解の一位を頂いており、2年連続の受賞となりました。

高知の地酒美丈夫 高知の地酒 南 高知の地酒土佐鶴 高知の地酒菊水 高知の地酒安芸虎 高知の地酒しらきく 高知の地酒豊の梅 高知の地酒文佳人 高知の地酒松翁 高知の地酒桂月 高知の地酒瀧嵐 高知の地酒酔鯨 高知の地酒亀泉 高知の地酒司牡丹 高知の地酒純平 高知の地酒桃太郎 高知の地酒無手無冠 高知の地酒藤娘
高知の 美 味 しい 地酒 18酒 私が こちらを クリッ クして 下さい

高知の地酒専門店のレコード棚から1 高知の地酒専門店のレコード棚から3 高知の地酒専門店のレコード棚から4 高知の地酒専門店のレコード棚から5高知の地酒専門店主人のレコード棚から8  高知の地酒専門店のレコード棚から7高知の地酒専門店のレコード棚から9  
<僕のレコード棚から・・> 再開しました 毎日、隠れた名盤から 歴史に残るLPレコードを紹介 詳しくは僕のレコード棚からをクリック

                                                            



土佐の高知には18の酒蔵が存在します。
高知の清酒の特徴は<のど越し、しっかり.残る味わいはさっぱり>
一般的には「淡麗辛口」という表現で知られております。

高知の名酒蔵 安芸虎有光酒造さん 新酒酒蔵開放にて
高知の日本酒酒蔵有光酒造さんにて社長さんと 高知の日本酒酒蔵有光酒造さんにて中庭にて 高知の日本酒酒蔵有光酒造さんにて試飲コーナー
社長で心優しい有光さんと 入って、すぐの庭では大勢の
方々が既に和んでいました。
安芸虎の試飲コーナーでは
数種類の美味しい日本酒が
頂けました。
                     本年も5年連続で2月4日(日)に有光酒造さんの蔵開きに行ってきました。有光酒造さんのこの会はひじょうに心温まる雰囲気が蔵の中に充満していました。これも有光さんはじめ蔵元全員の素晴らしい人柄から   自然と奏でられる事なのだと思ったしだいです。

そのように全体的な高知の日本酒の特徴と
イメージがある中でさらに各酒蔵にはそれぞれに
他にない個性があり一様に全てが同じとも言えません。

高知の地酒しらきくさんにて      高知の地酒しらきくさんにて     高知の地酒しらきくさんにて           

平成20年の2月10日(日)に芸西村の仙頭酒造さんに家族で行ってきました。仙頭社長自らのご案内で築100年の歴史ある酒蔵の中をご案内いただきました。仙頭さんの心温まる人柄はそのまま、蔵の内部のひとつひとつにも滲み出ている、と感じました。仕込み中のお忙しい中、本当に有難うございました。
左の写真は仙頭社長の奥さんに撮って頂いた1枚です。向かって右端が仙頭さんです。
高知地酒しらきくさんのタンク
仙頭酒造さんにて。   高知の地酒しらきくさんの文旦と私  文旦と私
その違いとは、醸造する日本酒において、
各酒蔵での微妙な概念の違いであり、
結果として<味わい>においても微妙に異なります。
この微妙な味わいの違いが、18ある酒蔵の日本酒
を多岐にわたり楽しむ事の出来る理由となるのだと思います。


ういった高知、18の酒蔵の味わいの違いはそこに長年住み、かつ、それらの内情・事情を知った者でしか分かりません。そして、当店はそういった条件を満たす小売り店のひとつだという自負があります。

土佐の高知の地酒の事なら何なりと聞いて下さい。
きっと満足のいくご回答が出来る事と確信しております

 

               
高知の地酒美味しいお酒をご紹介
高知の
美味しい地酒

高知県の美味しい
地酒、全酒蔵18社
を私が自分の言葉で
紹介しております。


高知の地酒の専門店安岡酒店BLUESへようこそ
ようこそ安岡酒店へ
当店の簡単な歴史と当店が目指しております店作りについて書いております。

高知の地酒の専門店安岡酒店BLUESの地酒サービス日誌
安岡酒店BLUES NEWS
当店すぐお隣のホテル日航高知旭ロイヤル様にて、高知の地酒をサービスしております。その様子をご紹介中です。

UP


news1.htmlへのリンク

高知の地酒酒蔵にて地酒を搾る
酒蔵にて酒を絞る私。
自己紹介
安岡 博 
昭和37年3月8日生まれ
高知市内で創業から92年続く酒販店の3代目。
関西学院大学 法学部卒
アサヒビール勤務後、家業を継ぐ為実家に戻る。
趣味は音楽。アナログレコードを中心に
約2.000枚のコレクション有り。
同時にギター(愛器ギブソンES335)を担いで
バンド活動も行っている

土佐酒アドバイザー(第一期)所得

高知の地酒専門店のフリーペーパー

当店のフリーペ-パー<安岡酒店BLUES>最新号で記念すべき No100<3月25日>発行しました。高知の地酒で今が旬の新酒の事他盛り沢山。
ご希望者にはお送りしますのでご連絡下さい。
こちらメールまでどうぞ。
MAIL

高知の地酒専門店安岡酒店の音楽活動1 高知の地酒専門店安岡酒店の音楽活動2

3月1日(土)ラ・ラ・ラ音楽祭(土佐のおきゃくの
イベント)にてライブ演奏しました。ザ プライム
というバンドに参加。その時の模様が何と高知新聞
に大きく写真入で掲載されました。5人のメンバー
による演奏で、ビートルズの曲をカバー。この後、
登場するゲストの上田正樹さんの前と言う事も
あり、思わぬ大入りの観客の前でのステージと
なりました。(中央公園メインステージにて)

高知の地酒専門店の懐かしい看板 
現在の当店の店舗。
今や懐かしいビール会社の看板は今も健在。



   All rights Reserved . Copyright (c)Liquor Shop yasuoka